ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る―口蹄疫問題(時事通信)

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で政府の現地対策本部の小川勝也首相補佐官は25日夕、発生地から半径10キロ以内の牛、豚など家畜へのワクチン接種が同日中にも98%程度まで進むとの見通しを示した。26日にも接種計画は完了するが、ごく一部、反対農家が残るとみられている。これら反対農家への対応について同補佐官は「未定」とした上で、「自治体やJAなどに説得していただくのが一番良い」と語った。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
申し訳ない気持ち=口蹄疫拡大で農水相
種牛処分「法律に沿ってやる」=ワクチン接種きょう終了
ワクチン接種、25日にも完了=家畜処分地「国も費用負担を」

<自民党>中山元外相が離党届(毎日新聞)
社民党が抗議声明 「署名拒否は当然のこと」(産経新聞)
岡田外相 イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)
天下り職員名をホームページで公表 福岡県、きょうから(産経新聞)
複数転居で敷金扶助、引っ越し費も捏造受給か 貧困ビズの自称NPO(産経新聞)
[PR]
by 4ipktqlti0 | 2010-06-01 22:02
<< 法人税、来年度5%下げに意欲 ... ブタの啓発カーで投票よびかけ ... >>