傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行−兵庫県警(時事通信)

 兵庫県三田市で昨年11月、5歳の女児に暴行を加え死亡させたとして、県警三田署などは5日、傷害致死容疑で、継母の無職寺本浩子容疑者(27)=秋田県小坂町小坂=を再逮捕した。同署によると、同容疑者は「その件については黙秘します」と話しているという。
 逮捕容疑は、昨年11月24日午後0時半から午後4時ごろにかけ、当時住んでいた三田市の自宅で、長女夏美ちゃん=当時(5)=に暴行を加え、急性硬膜下出血などによる脳機能障害で5日後に死亡させた疑い。 

【関連ニュース】
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」
運転トラブルで暴行、死なせる=出頭の43歳男を逮捕
傷害容疑で18人拘束=邦人ら負傷の芸術区襲撃

のぞみトラブル オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
<官房機密費>「使途解明は困難」答弁書を閣議決定(毎日新聞)
来年度予算案、衆院通過―年度内成立が確定(医療介護CBニュース)
<殺人未遂>スーパーで女性刺した被告に実刑判決 神戸地裁(毎日新聞)
道教委教育長、北教組政治活動の早期の実態把握実施 北教組幹部の事情聴取も(産経新聞)
[PR]
by 4ipktqlti0 | 2010-03-09 06:56
<< 日米密約 外務省委が報告書 核... 犬繁殖業者逮捕、予防接種せず大... >>